エステサロン開業 登竜門

エステサロンやまつげエクステサロンの開業をサポートする【合同会社グラム代表】のブログ!女性だからこそ美容の世界で確実に稼げる時代が来ました \(^ ^)/

エステサロン開業登竜門


美容の世界は【女性】が主役の業界です!しかしながら・・・経営となると、どうしても数字に強い男性“脳”が必要になります。 エステティックサロンやアイラッシュサロンの独立開業を目指す方の“失敗しない”開業を男性脳とエステ業界で培ったノウハウを基に支援しています!

2016年11月

エステ坊主の開業指南 【開業広告の絞込み】

このBlogはエステサロンを開業しよう・・・とお悩み中の方を対象に書いています。

今の連載は広告について・・・エステサロンの広告の捉え方みたいなことを紹介。
↓↓ ↓↓ ↓↓ 
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-13.html

前々回はコンプレックス解消産業の市場特徴について
↓↓ ↓↓ ↓↓ 
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-17.html

前回はきっかけ広告と情報収集広告の役割について
↓↓ ↓↓ ↓↓ 
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-20.html


今回はより具体的な広告方法について紹介します!

前回までを軽く復習すると・・・

エステティックサロンは「コンプレックス解消産業」という点を認識することが大切。

見込み客は、正直言って切羽詰った状態ではありません。スグにでもサロンに行かないとヤバイ!という人は少数派です。

大半は「行ってみようかなぁ・・・」と漠然と思っている人ばかり。

そんな漠然と不安を抱えるユーザーをエステサロンに呼び込むのに、「きっかけ」的広告と「情報収集」的広告を使い分ける必要があります。

「Rizap(ライザップ)」を事例に挙げると、有名人や一般の方のBefore→Afterを鮮烈に印象付けるCMを流し続けていますよね。これが「きっかけ」を作る広告です。

あのCMを見ながら自身のお腹の肉をつまんで…「ヤバイ!」と思い立ち、「Rizap(ライザップ)」の情報を集め、最終的にライザップに電話する。これがコンプレックス解消の王道広告&集客法です。

つまり偶然目に入る事で「ハッ!!」と気づかせる“きっかけ広告”を流し続ける事と、気になりだしたらもっと調べたくなるニーズに対応するWEB戦略。

この二刀流がエステサロンの広告展開にも必要なんです。




では、具体的にどのような広告展開をすればイイのか??

創業当初の限られた広告宣伝費を上手く使う方法を案内します。
※広告宣伝費に余裕のある店舗は別の方法がありますが、あくまでも小規模サロンへのアドバイスとしてこのBlogを記載していますので、基本は効率重視の方法を案内します。

--------------------------------
きっかけ広告としての取り組み
--------------------------------


◆地元のフリーペーパーの活用
各家庭にポスティングされるようなフリーペーパーがあれば、同誌のビューティー広告枠を使用。
それも1ページとか1/2ページとか大きな枠を使用する必要はありません。1/4~1/8程度の小さな枠で構いません。
枠の大きさより重要なのが挿入する文言『開店記念』『OPEN』など新規開業をエステ潜在客に“気づかせる”広告を意識してください。
OPENとか開店という言葉をフックにすることで『今年こそ痩せたいと思っていたんだ!近くに出来たのなら行ってみようかなぁ』・・・と思わせる広告に。

◆店舗周辺に開店の挨拶をしつつチラシ手渡し
インターネットの印刷会社を使用すればチラシ1枚が数円で作れる時代。店舗OPENと『MENU価格』を掲載したチラシをまずは作成します。そこに名刺サイズの別用紙に『ご近所割引!チラシ価格よりさらに○%OFF』や『ご近所特典!このカード持参で○○プレゼント』と記載したお得情報をホッチキスでチラシに止めます。
そして店舗周辺の会社や店へ挨拶まわりに。『近くにOPENしましたビューティーサロンです。挨拶に伺いました!ご近所の皆様へは特別サービスを提供していますので、是非、女子従業員様でご利用下さい!』と明るい笑顔でチラシを渡しましょう。口頭で伝えるときは『エステサロン』より『ビューティーサロン』がベター。年配の方で『エステ』にダークなイメージを持つ方も居るので、ビューティーサロンと表現し手渡しするのが受け取ってくださる確率がアップします。

◆各家庭にポスティング
あいさつ回りに使用するチラシをそのまま、一般住宅にはポストへ投函しましょう。マンション等でポスティング禁止の張り紙がしてあっても、管理人さんが居れば確認をすると投函OKをもらえる場合があります。エステサロンのチラシは公序良俗に反していませんので、了解を得られやすいです。

◆新聞折込
あいさつ回りに使用するチラシを新聞折込で家庭へ配布することもOK!新聞折込は1枚2.5~3.5円が相場で、数千部の少数であれば近くの新聞販売店に事前に打診すれば、持ち込みで折込を受け付けてくれるところが多い。
仮に5000枚折込したとしても15000円程度の広告費だと考えると決して高くはありません。


これらは、エステ潜在客に『OPEN価格って安そうだね。何をやってもリバウンドばかりなのでエステに行って痩せるか!』と“きっかけ”を作ることを目的にしています。

これまで紹介してきたように、コンプレックス解消には緊急性が無いので『近くにエステが開業した』という情報に触れさせ『気になっていたんだ、丁度いい機会だ!行ってみようかなぁ・・・』と思わせることを主眼とした広告手法になります。


でもこれだけでは不十分!きっかけを作り、いざ!店に行こうかな・・・と悩み始めた見込み客には「情報収集」的広告を 使い分けなければなりません。続きは、次回!




home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【エステの広告手法を学ぶ】

このBlogはエステサロンを開業しよう・・・とお悩み中の方を対象に書いています。

前々回はエステサロンの広告の捉え方みたいなことを紹介しました。

↓↓ ↓↓ ↓↓ 
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-13.html

前回はクンプレックス解消産業の市場特徴について

↓↓ ↓↓ ↓↓ 
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-17.html


今回はエステ業界の広告の考え方について


前回までを軽く復習すると・・・

エステティックサロンは「コンプレックス解消産業」という点を認識することが大切。

見込み客は、正直言って切羽詰った状態ではありません。スグにでもサロンに行かないとヤバイ!という人は少数派です。

大半は「行ってみようかなぁ・・・」と漠然と思っている人ばかり。

これが“病気”だと病院にスグにでも行って治療しようと思うのですが、“コンプレックス”は何もしなければ“今のまま”とい う現状維持が期待できるので、行動がどうしても遅くなります。

だからこそコンプレックス産業の市場構造を知ってから広告展開を考えるべき!

コンプレックス解消産業の代表的存在の『薄毛市場』で例えるなら。


◆医薬品・化粧品メーカーは、育毛・養毛剤の広告を大量に流します。
◆大手の育毛サロン(リーブ21など)も莫大な広告費を投入しています。
◆大手のかつらメーカー(アデランスなど)もマスメディアを積極利用し広告を流します。

それらの市場規模は・・・ 育毛・養毛剤のブランド数 > 育毛サロン数 > かつらメーカーサロン数
となります。




つまりコンプレックス解消産業の【エステサロン】も同じ構図が考えられます。

痩身・ダイエットで考えると…

ダイエットサプリを販売するドラッグストアや通 販サイト数 > エステサロン数 > 美容クリニック数
※美容的視点で見る痩身・ダイエット市場になり、市場全体を考慮する場合は健康産業の市場(スポーツジム等)も配慮しなけれ ばなりません。

美顔で考えると…
アンチエイジングコスメを販売する百貨店・薬局 や通販サイト数 > エステサロン数 > 美容クリニック数


エステサロンに足を運ぶ“見込み”客は、ドラッグストアや通販、百貨店などの美容商品を使いながら痩身や美顔のセルフケアを している人達になります。その中から、さらに“現状で満足できていない”人々がターゲットになるんですね。

あなた自身が抱えているコンプレックスを解消すると仮定して…緊急性がないもの、漠然と危機感を抱えているもの…それを行動 に移して“改善しよう!”と思う「きっかけ」と、その重い腰を上げる時に「何を頼りに」情報を集めますか?


実はエステサロンの広告を打つ場合、「きっかけ」的広告「情報収集」的広告を使い分ける必要があります。


業界は違いますが、同じコンプレックス解消の「Rizap(ライザップ)」を事例に挙げると、有名人や一般の方のBefore→Afterを鮮烈に印象付けるCMを流し続けていますよね。これが「きっかけ」を作る広告です。

あのCMを見ながら自身のお腹の肉をつまんで…「ヤバイ!」と思い立ち、「Rizap(ライザップ)」の情報を集め、最終的にライザップに電話する。これがコンプレックス解消の王道広告&集客法です。


つまり偶然目に入る事で「ハッ!!」と気づかせる“きっかけ広告”を流し続ける事と、気になりだしたらもっと調べたくなるニーズに対応するWEB戦略

この二刀流がエステサロンの広告展開にも必要なんです。

エステサロンはコンプレックス解消産業です。バーゲン品を売るような物販業界とは異なり、折込チラシやフリーペーパー広告だけで集客しようと思ったら間違い!

ここに広告展開の“ツボ”があります!詳しくは次回!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【コンプレックス産業の段階的市場】

このBlogはエステサロンを開業しよう・・・とお悩み中の方を対象に書いています。

前回はエステサロンの広告の捉え方みたいなことを紹介しました。

↓↓ ↓↓ ↓↓ 
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-13.html

軽く復習すると・・・

エステティックサロンは「コンプレックス解消産業」という点を認識することが大切。

つまり、

ムダ毛が気になる→解消したい→脱毛サロンへ
シミ・しわが増えた→解消したい→美顔サロンへ
ぶくぶく太ってしまった→解消したい→痩身サロンへ
胸が小さい、垂れてる→解消したい→バストアップサロンへ

がお客様の来店心理になります。

見込み客は、正直言って切羽詰った状態ではありません。スグにでもサロンに行かないとヤバイ!という人は少数派です。

大半は「行ってみようかなぁ・・・」と漠然と思っている人ばかり。

これが“病気”だと病院にスグにでも行って治療しようと思うのですが、“コンプレックス”は何もしなければ“今のまま”という現状維持が期待できるので、行動がどうしても遅くなります。



では、エステサロンの広告って“どう”あるべきなのか?オーナーは、何に広告費を投資すればいいのか?についてエステ坊主の考えを紹介します。

今日は、その基本【コンプレックス解消産業】の段階的市場の存在を説明します。

前述のように“コンプレックス”に緊急性はなく、解消の必然性も希薄な存在です。これが“病気”と違うところです。

コンプレックス解消産業の代表的存在の『薄毛市場』で例えるなら。


◆医薬品・化粧品メーカーは、育毛・養毛剤の広告を大量に流します。
◆大手の育毛サロン(リーブ21など)も莫大な広告費を投入しています。
◆大手のかつらメーカー(アデランスなど)もマスメディアを積極利用し広告を流します。

つまり、薄毛コンプレックスユーザーを対象とする少なくとも3つの市場カテゴリーが存在します。

①一般的に薄毛のコンプレックスを抱えるユーザーの大半が最初に飛びつくのが→→【育毛・養毛剤市場】

↓↓↓↓

②それでも解消できなかったユーザーの一部が次に→→【育毛サロン市場】

↓↓↓↓

③ ①②で解消できなかったユーザーの一部が→→【かつら市場】(①から直接③、①②を経て③のパターンあり)

では、薄毛コンプレックスユーザー数のボリュームが最も大きいのはドコか??

単純ですよね。それは①の育毛・養毛剤市場。

つまり①の市場で日々、コンプレックス解消のために費用を投資しているユーザーの中から、満足できずに ②、③の市場へ階段を上るように次のステップへと進むユーザーが出てくるんです。

育毛・養毛剤のブランド数 > 育毛サロン数 > かつらメーカーサロン数
となります。

これは①の市場でコンプレックスを抱えるユーザーのほとんどが、踏みとどまっている(妥協している)のが現状という事実を示しています。

薄毛と同じようなカラダのコンプレックスを解消するエステサロンも全く同じ現状が待ち構えていることをまずは知っておきましょう。

続きは次回!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【広告への過剰な期待はNG】

エステサロンの売上は新規集客によって左右されます。

そこで、今回はサロン集客法について紹介。


一般的にエステサロンの広告媒体として、費用が掛かる順に紹介すると・・・

◇新聞折込やポスティング業者を使ったチラシ個配
↓↓
◇フリーペーパーなど開業エリアに密着した雑誌媒体
↓↓
◇インターネット広告(サロン紹介サイト等)



どの広告が自店に合っているかを判断する上で、注意しなければならないのがエステティックサロンが美容業の中でもコンプレックス解消産業という点を認識すること。

ムダ毛が気になる→解消したい→脱毛サロンへ

シミ・しわが増えた→解消したい→美顔サロンへ

ぶくぶく太ってしまった→解消したい→痩身サロンへ

胸が小さい、垂れてる→解消したい→バストアップサロンへ



などが判り易い事例です。

つまりエステサロンの広告宣伝とは、漠然と不安を抱えるユーザーを“思い切って”サロンへ足を向けさせる、背中をそっと押してあげるような効力しかありません。

だからこそ、たった1回の広告で効果は出ません

見込み客は、正直言って切羽詰った状態ではありません。スグにでもサロンに行かないとヤバイ!という人は少数派です。

大半は「行ってみようかなぁ・・・」と漠然と思っている人ばかり。

これが“病気”だと病院にスグにでも行って治療しようと思うのですが、“コンプレックス”は何もしなければ“今のまま”という現状維持が期待できるので、行動がどうしても遅くなります。

でもそんな事を知らないエステサロンのオーナーが陥りがちなのが、開店広告を大々的にやってしまう愚行。
エステサロンのオープンを知ってもらうために何万部(中には何十万部)とチラシを折り込んだり、フリーペーパーの1ページ広告をやってみたりして電話がジャンジャン鳴りっぱなしになることを夢見ても・・・蓋を開けると反響がポツポツとしかなく青ざめる結果に。

実は・・・それがエステサロンの広告の実態なんです。
コンプレックスをターゲットにした集客に即効性は期待できません。

それでは、エステサロンを開業したばかりの店舗はどうすればいいのか??


続きは次回!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【業者の言いなりにならない判断力の磨き方】

前回は、ブームを作り出す業界の体質を紹介しました。
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-03.html

このBlogはあくまでもエステ坊主の個人の意見を書いてはいますが、世の中に流れる様々な情報から自己責任でいろいろ判断をしなければならない「エステサロンオーナー」にとって、判断能力の磨き方も重要!

せっかくエステサロンを開業しても、オーナーの判断能力が伴っていないと「いざ」という時の決断ほど間違いやすいものはありません。はっきり言って“勘”に頼って「良い」「悪い」を決めてそう。。。

そこで判断能力をアップするための、エステ坊主からのアドバイスを2つ!

1つ目は、業界の展示会(ビューティーワールドやダイエット&ビューティーなど)にマメに足を運ぶこと。それも毎回、同じ曜日でまわることをオススメします。

なぜかと言うと「定点観測」ができるから

・去年と比べて来場者は多いのか?少ないのか?
・去年と比べて物販(展示会でモノを売る)ブースの混み具合は?
・去年と比べて展示が増えた機械は?少なくなった機械は?
・去年と比べて展示会限定の割引額が大きな商品は?
・去年まで見かけなかった業者ブースは何を並べているのか?


などなど・・・。毎年毎年、通い続けると「美容業界」の盛り上がりとトレンドが判るし、そのトレンドに相乗りして「業者」が売ろうとしている商品も判る。その業者の本業は何なのか?

それを見極めていくと判断力がついてきます。

判りやすい事例で言うと、去年まで化粧品を販売していたブース(出展者、メーカー)が今年は美容機器を売っている。
正直、このブースで売っている機械の信用度は低い。
なんとなく「儲かる」から機械を売っていそうで、本業は化粧品でしょっ??

3年前まで大々的に冷凍美容器を売っていたメーカーが、今回は「ピーリングマシーン」を売っている・・・これも儲け優先っぽい(実話です)。
販売している機器に自信があるのであれば、ブームが終わっても展示は続けるべきです。

実際に毎回、展示内容が変わらない出展者ブースも沢山あります。そのブースで紹介している商品のほうが、信用できる。メーカーに自信を感じるから!



アドバイス2つ目は、展示会では美容機器を買う予定がなくても、必ず、いろいろなブースで体験を受けるようにしましょう。

その機械の特長がわかり、自分が現在取り組んでいるメニューと比較することが可能です。

エステに通われる美容ツウのお客様はエステティシャンより美容知識が高い方も多くいらっしゃいます。

そんなお客様が安心して通い続けるために、エステティシャンが業界のトレンドを知ることは必須。ただし、そのトレンドに乗るか、どうかは自店の判断です。
カタログを見るだけでは機械の特長は判りません。自分の肌で体験してこそ、本当の実力がわかります!

エステサロンを開業すると「目の前のお客様で精一杯」になりますが、自己投資は絶対にサボってはいけません。その意味で、最低でも1年に1回は定点観測として業界の展示会には足を運ぶようにしましょう!



home_salon_p1
オフィシャルHP
プロフィール

エステ坊主