エステサロン開業 登竜門

エステサロンやまつげエクステサロンの開業をサポートする【合同会社グラム代表】のブログ!女性だからこそ美容の世界で確実に稼げる時代が来ました \(^ ^)/

エステサロン開業登竜門


美容の世界は【女性】が主役の業界です!しかしながら・・・経営となると、どうしても数字に強い男性“脳”が必要になります。 エステティックサロンやアイラッシュサロンの独立開業を目指す方の“失敗しない”開業を男性脳とエステ業界で培ったノウハウを基に支援しています!

2016年09月

エステ坊主の開業指南 【声質って・・・見過ごせません】

前回に引き続き、男性オーナーがエステティシャンを採用する場合の注意点!

前回のBlog↓↓
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-09-25.html

メンズエステを開業しない限り男性はサロンに立つ事はできません。エステティシャンを親族に頼れない場合、雇用が必須条件となります。

エステサロン開業は、まずは“人”を見極めること。エステサロンの売上は施術スタッフによって雲泥の差が生じます。雇用スタッフ次第で売上が変わる。

そう思うと人選が重要です。

エステ坊主の人を見る優先順位は・・・「素直」「明るい声質」「美容好き」「経験(キャリア)」「非喫煙」

前回「素直」の理由を語りましたので、今回は・・・「明るい声質」

「明るい声質」
----------------
美容業界の集客業務を担い、ビッグデーターから様々な分析を店舗にフィードバックしているHotPapperBeauty。そのHotPapperBeautyの調査結果では、お客様の6.1%がエステサロンを「最高」もしくは「最悪」と感じる瞬間(離脱ポイント)に“予約時”を挙げています。
また、私がエステサロンを経営してきた経験上、新店開業時(オープニングキャンペーン)を除き広告費10万円当りに対する新規集客数は一桁。
つまりひとりの新規顧客の獲得単価は1万円近くかかる業界なんです。
(※ただし、地域やエステメニューにより異なります。)
莫大な費用を投じてエステサロンへ新規を集客しても、何も手をうたなければ、お客様のファーストコンタクトとなる電話予約で6.1%の離脱が発生し得る。
予約の電話がじゃんじゃん鳴るような業界であれば、6.1%は見過ごせても、エステサロンでは集客分母が小さいので1人の離脱が売上に対する影響もデカイ!
さらには、エステサロンを選ぶお客様は事前にホームページや口コミ、Blogなどを熟読し、迷いに迷って勇気を振り絞って電話をかけてこられる方が多くいらっしゃいます。
だからこそ気に入って頂ければ常連客として長く利用いただける可能性があるんです。
せっかく当店を選んでくださった見込客を予約段階で離脱してしまう「チャンスロス」だけは避けなければなりません。
迷って電話したけど良かった!「感じのよいサロンね」と思って頂くことが、サロン側が最低限やり遂げなければならない業務です。
その業務を遂行する上で、顔の見えない「電話」応対で必要なのが、まさに明るい声質。

指導でサポートさせて頂くサロンスタッフの方々には「2トーン上げて」電話応対しましょう!と伝えています。
自分の声を録音するとわかるのですが、1トーン上げたぐらいでは明るい響きになりません。2トーンを意 識しない限り、電話応対に“不快感”が漂ってしまいます。

少数の新規集客で運営をしなければならないエステサロンにとって“電話”は、お客様との関係を結ぶ命綱に等しい存在。
だからこそエステ坊主的には、声質という選択ポイントが含まれます。

続きは次回!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【“素直”が組織作りの鍵】

前回に引き続き、男性オーナーがエステサロンを開業する場合の注意点!

前回のBlog↓↓
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-09-22.html

メンズエステを開業しない限り男性はサロンに立つ事はできません。エステティシャンを親族に頼れない場合、雇用が必須条件となります。

エステサロン開業は、まずは“人”を見極めること。エステサロンの売上は施術スタッフによって雲泥の差が生じます。雇用スタッフ次第で売上が変わる。

そう思うと人選が重要です。

エステ坊主の人を見る優先順位は・・・「素直」「明るい声質」「美容好き」「経験(キャリア)」「非喫煙」

「素直」
----------------
男性がエステティツクサロンを開業すると、現場は女性ばかり。女性だけの組織は「強さ」と「モロさ」を併せ持つ諸刃の剣のような存在です。モロさは組織の中から崩れるので厄介。
大奥やキャバ嬢の成り上がりドラマで描かれる足の引っ張り合いが、悪い意味でエスエサロンにもあります。
これが女性オーナーの場合は、組織のTOPが女性なので「オーナーと合うか、合わないか」という2択になり、組織は「合う」人が残っていきチームワークが取れやすい。
ところが男性オーナーの場合で尚且つ、親族がエステティシャンをやらない場合は、ナンバー2以下の序列競争が発生します。
競争が起こるところに足の引っ張り合いも発生。男性オーナーがちょっとでも誰かをひいきにすると、組織の雰囲気が悪くなります。

よって、男性がエステサロンを開業する場合、チームを円滑に運営する事を念頭に人選を進めることが最重要。チームの和を保つには個人個人の性格が大きく作用します。
「素直さ」は、チームワークに和みのエッセンスになります。

またエステ業界は医療と同じように日進月歩で新たな理論、新たな技術、新たな機器が出てきます。素直さがあれば、自分のキャリアと技術に固執することなく、新たなチャレンジに抵抗がありません。
エステティシャンの成長がサロンの売上増にリンクすることを考えると、やはり人選上「素直」さがエステ坊主的には最重要だと考えます。

続きは次回!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南【男性でも出来るエステサロン開業】

エステサロン開業をサポートしていてうれしいのが、取引先サロン様の規模がどんどん大きくなっていく事。

本日は、痩身サロンとして大躍進中の愛知のクライアント様から、新人Staffを技術研修で受け入れ、みっちりトレーニングを行いました。

エステ坊主は自社で大規模型、マンション型のエステサロンをそれぞれ経営しており、そのモットーは・・・「自分で儲からなければ、開業希望者のサポートは出来ない!」と、しっかり運営しております。

でも男性であるエステ坊主がお客様の施術を行うことは出来ず、繁盛店にするタメにはスタッフ力を磨くことが一番!スタッフそれぞれが「自分のエステサロン」だと自覚し、運営そのものを自分化し地域一番店へと成長させることに注力しています。

だからこそ、エステティシャン育成には並々ならぬ想いをもって取り組んでいます。

「エステサロン開業希望者」の中には、男性も居らっしゃいます。実は今回、研修を受け入れた痩身サロン様も男性オーナーが経営されるエステサロンです。

奥様など親族がエステティシャンを担当する経営方式ではなく、完全な雇用形式でエステ経営に乗り出されました。

広告アドバイスからスタッフ教育までサポートをさせて頂き「先月8月は開業以来のギネス売上でした!」とうれしい報告も。

ハッキリ言って、事業として男性でもエステサロンは開業できる

親族がエステティシャンの場合は開業前の課題は少ないですが、雇用する前提でのエステサロン開業は、まずは“人”を見極めること。エステサロンの売上は施術スタッフによって雲泥の差が生じます。雇用スタッフ次第で売上が変わる。

そう思うと人選が重要です。

エステ坊主の人を見る優先順位は・・・「素直」「明るい声質」「美容好き」「経験(キャリア)」「非喫煙」です。

詳細については次回、紹介します!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南【貴女はうさぎタイプのエステティシャンでは?】

エステ坊主は、毎週土曜日19:00~の「まんが日本昔ばなし」を楽しみ育った世代です。

昔話という形式で、教示する人生訓は今振り返るとタメになるものばかり・・・。

誰もが知っている「うさぎとかめ」なんて、自分の能力に溺れ、驕り、鼻タカダカになることの愚行を戒めてくれますね。

でも「うさぎ」タイプのエステティシャンって結構多いんですねぇ。

具体的には、ある程度キャリアを積んできた人で、自分が習得した技術が“凄い”と自信を持っているタイプ。

前回のBlogでもエステ坊主の個人的な感想を述べていますが、エステ業界は“勉強”が絶対条件です。

「うさぎ」タイプのエステティシャンは、技術に自信がありすぎて新たな知識、技術、理論の習得に積極的ではありません。

これは数多くのエステティシャンを雇用して来た中で「キャリア○年です」「前職は店長でした」などアピールする人に限って、古臭い技術で満足してしまっているのを見て来たから。
そんなウサギタイプは入社後の成長が遅すぎる。

また、経営相談を受けるエステサロンの中にも、施術メニューを聞くと・・・「今どき???」と思えるトリートメントを前面に押し出しているところも多くありました。

エステサロンの独立開業を考えている方を対象に、このBlogは発信していますが、もし貴女がエステティシャンとしてキャリアのある方ならば、育ったサロンでの施術が、世のエステサロンで行われている最新技術ではナイ可能性があることを知っておいてください。

そして未経験でエステサロンを開業しようとする貴女は、スタート時点では、この2~5年で定着しエステ業界で効果実証が済んでいる技術の習得をまずは心がけてください。

出始めたばかりの技術、機械、理論は、1~2年で消えてしまうこともあります。これまで、出ては消える・・・が繰り返し行われるのがエステ業界なので。

とにかく、自分の能力に溺れない事が、エステサロンの独立開業には必要な心構えです!

エステ坊主は男性なので、理想は「イチロー」みたいに記録を塗り替えるような、常にチャレンジしつづける人こそがエステサロン独立開業にも向いていると思っています。


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南【専門に強くなろう】

医学って進歩しているイメージありますよね?!

夏風邪をひいて、何年かぶりに近所の内科に行ったのですが、熱を測るのが脇にはさむ体温計じゃない!レーザーみたいのでおでこをピッと1~2秒で計測。正直・・・スゴっと思いました。

そんな些細な気づき以外にも、TVなどで特集が組まれてるのを観ると、この10年だけでも医療現場はスゴイ変わって来てるんだなぁ・・・と個人的に思います。

でもコレは医療だけに限らず、実は美容も同じなんです。

医学は人の命に関わることなので、常に注目をされ、その進化の具合も公にされる機会が多いだけだと感じています。

美容は「トレンド」として扱われる風潮にあり、ブームとして時代の映し鏡のように位置づけられているようで・・・。

ヘアスタイルやまつげの太さ、メイクなど・・・振り返ると「あの頃」だと思い出される・・・みたいな存在。

でも美容業の中でも【エステティックサロン】は、ヘアスタイルやまつげの太さ、メイク方法とは異なり、カラダをケアする仕事で医療に近い存在。

なので医療と同じように、この10年を振り返っても驚くほどの技術革新、新理論、美容機器が業界に旋風を起こしてきました。


ところが、そんな時代の流れに無頓着な、昔ながらの古臭い施術を続けるサロンが多すぎる。
個人的にはエステサロン全体の評判を落としているのが、時代錯誤な施術を続けている人たちの存在も関係していると感じいます。

オーナー店長が勉強をしないのが業界の最大の課題。

残念ながら、そもそも勉強嫌いな人達が「進学する能力も無く、かと言って就職もイヤだ・・・」と高校卒業後に美容専門学校に進学し、その後、美容界に居座る人がいるんです。

もちろん、美容を極めたい!大好き!一生の仕事にしたい!と熱い想いで道を歩み始める人も多く居ます。

偏見だとお叱りを受けそうですが、これまで多くのStaffを雇用し、また同業オーナーさん達と接してきた中で、社会人スタート時点で勉強嫌いだった人たちが多い業界だなぁ・・・とエステ坊主は感じています。

スタートが勉強嫌いで、技術だけは一人前になり独立。でもオーナーになって誰からも文句言われることがなくなると勉強をしなくなる。そんなサロンが多いような気がします。

貴女がもし、何かの病気で病院を選ぶ時に「何十年も診察機器が変わっていない病院」と「最新の診察機器を取り揃えた病院」のどちらに行きたいですか?

エステサロンも同じです。シミ・しわ・たるみのアンチエイジング。脂肪ぶよぶよ解消の痩身。コンプレックス解消の豊胸。どれもカラダに直接触れる施術を伴います。

最新機器か、美容の最新理論か・・・意欲的に設備投資をして、勉強しているサロンを選びたいと思いますよね。

だからこそ、エステサロンを開業することを決意するならば、勉強を必死に続けることが必須なんですよ。

今の施術方法が3年後には、より良い効果の出る施術に取って代わるかもしれません。その情報をキャッチしようとする姿勢が、サロンオーナーには必要です。

さぁ!エステサロンのオーナーを目指すなら勉強しましょう。


home_salon_p1
オフィシャルHP
プロフィール

エステ坊主