エステサロン開業 登竜門

エステサロンやまつげエクステサロンの開業をサポートする【合同会社グラム代表】のブログ!女性だからこそ美容の世界で確実に稼げる時代が来ました \(^ ^)/

エステサロン開業登竜門


美容の世界は【女性】が主役の業界です!しかしながら・・・経営となると、どうしても数字に強い男性“脳”が必要になります。 エステティックサロンやアイラッシュサロンの独立開業を目指す方の“失敗しない”開業を男性脳とエステ業界で培ったノウハウを基に支援しています!

エステ坊主の開業指南 【広告への過剰な期待はNG】

エステサロンの売上は新規集客によって左右されます。

そこで、今回はサロン集客法について紹介。


一般的にエステサロンの広告媒体として、費用が掛かる順に紹介すると・・・

◇新聞折込やポスティング業者を使ったチラシ個配
↓↓
◇フリーペーパーなど開業エリアに密着した雑誌媒体
↓↓
◇インターネット広告(サロン紹介サイト等)



どの広告が自店に合っているかを判断する上で、注意しなければならないのがエステティックサロンが美容業の中でもコンプレックス解消産業という点を認識すること。

ムダ毛が気になる→解消したい→脱毛サロンへ

シミ・しわが増えた→解消したい→美顔サロンへ

ぶくぶく太ってしまった→解消したい→痩身サロンへ

胸が小さい、垂れてる→解消したい→バストアップサロンへ



などが判り易い事例です。

つまりエステサロンの広告宣伝とは、漠然と不安を抱えるユーザーを“思い切って”サロンへ足を向けさせる、背中をそっと押してあげるような効力しかありません。

だからこそ、たった1回の広告で効果は出ません

見込み客は、正直言って切羽詰った状態ではありません。スグにでもサロンに行かないとヤバイ!という人は少数派です。

大半は「行ってみようかなぁ・・・」と漠然と思っている人ばかり。

これが“病気”だと病院にスグにでも行って治療しようと思うのですが、“コンプレックス”は何もしなければ“今のまま”という現状維持が期待できるので、行動がどうしても遅くなります。

でもそんな事を知らないエステサロンのオーナーが陥りがちなのが、開店広告を大々的にやってしまう愚行。
エステサロンのオープンを知ってもらうために何万部(中には何十万部)とチラシを折り込んだり、フリーペーパーの1ページ広告をやってみたりして電話がジャンジャン鳴りっぱなしになることを夢見ても・・・蓋を開けると反響がポツポツとしかなく青ざめる結果に。

実は・・・それがエステサロンの広告の実態なんです。
コンプレックスをターゲットにした集客に即効性は期待できません。

それでは、エステサロンを開業したばかりの店舗はどうすればいいのか??


続きは次回!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【業者の言いなりにならない判断力の磨き方】

前回は、ブームを作り出す業界の体質を紹介しました。
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
http://99g.doorblog.jp/archives/2016-11-03.html

このBlogはあくまでもエステ坊主の個人の意見を書いてはいますが、世の中に流れる様々な情報から自己責任でいろいろ判断をしなければならない「エステサロンオーナー」にとって、判断能力の磨き方も重要!

せっかくエステサロンを開業しても、オーナーの判断能力が伴っていないと「いざ」という時の決断ほど間違いやすいものはありません。はっきり言って“勘”に頼って「良い」「悪い」を決めてそう。。。

そこで判断能力をアップするための、エステ坊主からのアドバイスを2つ!

1つ目は、業界の展示会(ビューティーワールドやダイエット&ビューティーなど)にマメに足を運ぶこと。それも毎回、同じ曜日でまわることをオススメします。

なぜかと言うと「定点観測」ができるから

・去年と比べて来場者は多いのか?少ないのか?
・去年と比べて物販(展示会でモノを売る)ブースの混み具合は?
・去年と比べて展示が増えた機械は?少なくなった機械は?
・去年と比べて展示会限定の割引額が大きな商品は?
・去年まで見かけなかった業者ブースは何を並べているのか?


などなど・・・。毎年毎年、通い続けると「美容業界」の盛り上がりとトレンドが判るし、そのトレンドに相乗りして「業者」が売ろうとしている商品も判る。その業者の本業は何なのか?

それを見極めていくと判断力がついてきます。

判りやすい事例で言うと、去年まで化粧品を販売していたブース(出展者、メーカー)が今年は美容機器を売っている。
正直、このブースで売っている機械の信用度は低い。
なんとなく「儲かる」から機械を売っていそうで、本業は化粧品でしょっ??

3年前まで大々的に冷凍美容器を売っていたメーカーが、今回は「ピーリングマシーン」を売っている・・・これも儲け優先っぽい(実話です)。
販売している機器に自信があるのであれば、ブームが終わっても展示は続けるべきです。

実際に毎回、展示内容が変わらない出展者ブースも沢山あります。そのブースで紹介している商品のほうが、信用できる。メーカーに自信を感じるから!



アドバイス2つ目は、展示会では美容機器を買う予定がなくても、必ず、いろいろなブースで体験を受けるようにしましょう。

その機械の特長がわかり、自分が現在取り組んでいるメニューと比較することが可能です。

エステに通われる美容ツウのお客様はエステティシャンより美容知識が高い方も多くいらっしゃいます。

そんなお客様が安心して通い続けるために、エステティシャンが業界のトレンドを知ることは必須。ただし、そのトレンドに乗るか、どうかは自店の判断です。
カタログを見るだけでは機械の特長は判りません。自分の肌で体験してこそ、本当の実力がわかります!

エステサロンを開業すると「目の前のお客様で精一杯」になりますが、自己投資は絶対にサボってはいけません。その意味で、最低でも1年に1回は定点観測として業界の展示会には足を運ぶようにしましょう!



home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【業者に騙されない洞察力も必要】

エステサロンを開業しようと思っている方!どのMENUをメインにエステサロンを立ち上げようか・・・と悩みますよね。

美容機器メーカーの「今、流行っていますよ!」というセールストークに乗せられて、導入したMENUがはたして何年間も集客できるのか?

長くエステ業界に身を置いていない限り、なかなか判断しにくい。。。

エステ業界には“ブーム”があり、そのブームに振り回されると痛い目に会うことにもなります。

そもそも“なぜ”ブームが作られるのかと言えば「儲けたい」と思うメーカーが多数存在するから。

今、これが売れていますよ!
今、このメニューがお客様を呼べますよ!
他店より早く導入して差別化しましょう!


などなど、甘い言葉を並べ立て、売っている業者が多数あります。

最近の事例で言えば「冷凍美容」。3年前まで多数のメーカーが販売に積極的。

ところが、今では冷凍美容機器を前面に出し販売を続けているメーカーは皆無。ブームでひと儲けして「売り逃げ」・・・と表現しても言い逃れできないような販売店が多かった。

「同じ二の舞になるのでは?」と、エステ坊主が現時点で個人的に懸念しているのが「次世代式脱毛」と鳴り物入りでデビューしたSHR式脱毛機器。
さらに「まるで脂肪吸引」と刺激的なキャッチコピーで話題のHIFU。

この両機種、今では多くのメーカーが販売するようになっています。

でも、純国産品が見当たらない・・・。ほぼ中国製の機械ばかり。

これは「安く仕入れて、高く売って、儲けたい」・・・という業者の悪巧みが見え隠れしているようで・・・気になる。

良いものであれば、日本のメーカーも積極的に作るはず。

でも見かけない。

エステ坊主は美容ディーラーとして、美容機器も販売しています。

私は「儲かりそうだから・・・」という理由で、機器を販売することはありません。

あくまでも直営のサロンで実際に使ってみて、効果が実感できコストパフォーマンスにも優れた機器のみを取り扱っています。

高速脱毛が“売り”のSHRは、個人的に照射仕組みと理論、さらには効果に疑問を感じているし、HIFUは逮捕者が出た事で有名になった“医療機器”として他国では活躍する威力が大きな機械という点に怖さを感じます。

HIFUのデモンストレーションでアクリル板を打ち抜く実験を見せる業者が居ますが、あの威力はヤバいと感じます。はっきり言って美容で使うのをためらう威力です。

あくまでも個人的な見解なので、このBlogを見ている皆さんは自己責任で判断下さいね。

次回は、エステ美容機器を選ぶ上で自己判断の磨き方を指南します!


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【背伸びして広告をしないこと】

エステサロンの開業を支援していると「本当に未経験者でも開業できるんですか?」と質問を頂戴します。

エステ坊主の返事は「出来ます」!

前回は、未経験者がエステサロンを開業する場合は・・・少数メニューからスタートすること!について書きました。

↓↓  ↓↓  ↓↓

http://99g.doorblog.jp/archives/2016-10-20.html

今回は、開店当初に陥りがちな「背伸び広告」について。

エステサロンを開業したくてしたくて・・・OPENを心待ちにしていたオーナー。

しかしオーナーの期待とは裏腹に、お客様側はサロンOPENをそれほど心待ちにしていません。
特に未経験からの開業だと、エステティシャンとしてお客様がついているわけでもなく、知人関係が唯一のお客様候補。

しかしながら知人は“ご祝儀”的に1回の来店で終わる傾向が強いのも事実。

なので、オーナーの“いよいよOPEN”という期待が大きければ大きいほど、大々的に開店の広告を打ち・・・開業後の来店数の少なさに慌てる方、落胆される方が多く居ます。

エステ坊主の経歴で、代表取締役として全国チェーンのエステサロンを統括していた時代に、全国の広告反響を計測したことがあります。

新聞折込、ポスティング・・・0.06~0.08%が平均的な反響でした。

つまり1万枚の折込をして6~8件。

1万枚の広告費の概算は、折込費用@3円×10,000枚、印刷代@2.5円×10,000枚、チラシデータ作成費50,000円。
合計105,000円はかかります(※あくまでも経験値より算出。地域やデザイン会社、印刷会社によって費用は異なる)。

つまり105,000円をかけて、6~8件の集客。1件の集客単価は最大17,500円也!!!!

新規集客6件のお客様が、お試しメニュー@5,000円を利用いただいても売上は30,000円。

105,000円(広告費)-30,000円=▲75,000円。単月で見ると7.5万円も赤字です。

単純に10,000部の折込につき7.5万円の赤字なので・・・。仮にハリキッて5万部を織り込んだとすると7.5万×5=37.5万円の大赤字になってしまいます。

エステサロンに限らず美容室、ネイルサロン、アイラッシュサロンの美容業界は、折込をしてもガンガン集客できる業種ではありません。


イメージとしては病院の開業と似ています。

貴女の近くに病院が開業したとします。その病院が「開業」のお知らせの折込をし、それを手にしました。貴女はスグに病院に行きますか??

答えは・・・NO ですよね。

必要がなければ行かない。

つまり、必要がある人に「エステサロンの開業」を知らせてこそ、費用対効果の高い集客になります。

資本力のある全国チェーンだからこそ折込を大々的にやれます。

でも貴女がOPENしようとしているエステサロンは、プライベートサロン的な小規模。

大手と同じ事をやっても、手元の資金を食いつぶすダケです。

そんな「背伸び広告」は止めましょう。開業早々に赤字体質に陥ってしまいます。


home_salon_p1

エステ坊主の開業指南 【十を以って一を攻める独立開業】

エステサロンの開業を支援していると「本当に未経験者でも開業できるんですか?」と質問を頂戴します。

エステ坊主の返事は「出来ます」!

その根拠を孫子の兵法から言葉を借りるなら「我あつまりて一となり、敵分かれて十と為らば、これ十を以ってその一を攻むるなり」

つまり「一点集中!勝てる分野に全精力を注ぐ」ことが重要!

当社のトレーニングカリキュラムは、受講者の方から「スパルタ」と指摘を受けても反論できない程、厳しい研修を行っています。それも開業前はひとつのメニューに絞ってトレーニングを繰り返し行います。

お金があれば誰でもエステサロンは開業できるけど、「地域で必要とされ」繁盛するには、高い技術力を提供し ないと生き残れません。

これまで何度もBlogで紹介してきましたが、経験豊富=優秀な独立開業者では、ありません。

「やらなければならないことをやる」「やらなくてもいいことはやらない」を実践できれば、未経験者でも人気店舗のオーナーになれます。

だからこそ未経験者のサロン開業のポイントは、エステサロン開業時のMENUを意図的に少なくすること。ひとつのメニューに自信が持てるようになってから、他のメニューの習得に取り掛かるべき。

アレもコレも・・・と素人が短期間で会得した中途半端な施術を提供するより、少ないメニューに特化し、開業前 にトレーニングを重ねることが成功のポイントです。

やらなければならないこと=自信を持てる腕前になるまでひとつの施術を極める、やらなくてもよいこと=他のメニューは後で習得。

「一点集中!勝てる分野に全精力を注ぐ」が不変の“勝利の法則”です。アレコレ手を出して、どれも同業他店に勝てるかどうか5分5分の状態でサロンを開業するより、コレだけは地域NO1と思えるほど訓練を重ねて開業するのが未経験者にとっては得策です。

未経験者のエステサロン開業の成功ポイントのひとつは、開店当初は少数メニューで勝負し、徹底的にトレーニングすること!


home_salon_p1
オフィシャルHP
プロフィール

エステ坊主